BLOGブログ

ブログ

40代50代が本当になりたい体になる6つの方法

目次

40・50代だから魅力的に輝ける体を手に入れよう!

ストレスを発散しよう

あなたが“羨ましい”とか“素敵だな”と思う人は誰ですか?

いくつかのポイントを思い浮かべてください。具体的な人物がいるなら、さらにOK!

その人物像や、素敵だと思うポイントは、20代・30代とは違っている人が多いようです。

ファッション1つを例に挙げても、40代・50代は流行に敏感に反応するのではなく、「自分らしさ」や「センスの良さ」を大切にしている人がとても多いようです。

どちらも、オリジナリティを大切にするということではないでしょうか。

今まで歩んできた、その人の生き方や性格が、自然にあふれ出てくる。そして、それが人を惹きつけるオーラになる。そんなファッションが注目されているようです。

となると、そのオリジナリティを活かせる体型が必要になってきます。

昨今人気のSNSで、20代・30代が競うように公開しているファッションや体は、どれも似たようなものになってきています。

似たような体ばかりになる原因の1つに、Youtubeなどの動画配信サイトとSNSがあります。

同じようなコーディネート、トレーニングや食事の動画やSNSの情報が蔓延し、それを見ている人たちが見習うことで、このような状況ができあがっているのです。思い返してみれば、自分たちが若い頃も同じでした。

少し前には「美魔女」という言葉が流行り、上の世代でもいつまでも若々しい容姿をした人に注目が集まっていました。

しかし、今の40代・50代の大人世代には、自分らしさを表現できることが高く評価されているようです。

そんな今を輝かしく過ごすために、皆さんには自分自身にあった方法で、体を鍛えたり動かしてほしいと思っています。

そこで今回は、自分らしさを表現するために必要なトレーニングや食事について、詳しくお話ししていきます。

年齢を重ねても輝く体とは?

ミドル世代

40代・50代になっても、10年20年前の気持ちでトレーニングやダイエットをする人が後を絶ちません。

そして、次のような結果に……

◆関節や腰を痛めた
◆自律神経が乱れて体調が崩れやすくなった
◆結局期待した効果が出る前に飽きた

これらは全て、Youtubeなどでキャッチアップした情報が、40・50・60代のミドル世代にあった情報ではないからです。

わたしたちミドル世代は、もっと楽しみながら理想の体を手に入れなければ、体やメンタルを痛めたり、すぐに飽きてしまいます。

あなたは、何のために理想の体を手に入れて、それを維持したいと考えていますか?

◆いつまでも“自分らしく”美しくかっこよく輝きたい
◆“自分が好きな”美味しいものをいっぱい食べても太りたくない
◆腰痛や肩こりのない体で“自分らしく”自由に趣味を楽しみたい

辛い思いは最小限に、効果は最大限に! “自分らしく”“自分が好きな”を実現できる体づくりの方法は、次の通りです。

無理なダイエットはしない! 心を満たす食事管理法で理想の体になれる

野菜いっぱい

「ダイエットをしよう!」そう考えたとき、何を参考にしていますか?

糖質制限ダイエットをはじめ、さまざまなダイエット方法がありますね。

書籍や動画によって、言うことがバラバラで、結局何を信じてやればいいかわからないという声をよく聞きます。

では、理想の体を手に入れるための食事管理に大切なことを、早速お話ししてしまいましょう!

下記の3つを大切にして、食事を管理してください……

① 食事内容のバランス
② 食べるタイミング
③ メニューのアイデア数

----------------
【① 食事内容のバランス】

ダイエット経験者なら、「PFCバランス」や「マクロ」といった単語を聞いたことがあると思います。

これらは摂取する栄養素のバランスを示すもので、糖質制限や脂質制限ダイエットでも、頻繁に登場します。

細かな計算方法などが出ていますが、これを真面目に実践すると、ほとんどの人は“満足に食事ができなくなる”のです。

ボディビルやボディコンテストなどに出場する人が、よく動画に公開しているような食事になります。

鶏胸肉とブロッコリーや、塩コショウだけで味付けした肉と野菜をモソモソ食べているアレです。

20・30代なら、それも我慢できるかもしれませんが、ミドル世代には過酷です。ただの罰ゲームでしかありません。

さらにミドル世代は、家庭でも社会でも責任ある立場の人がほとんど。会食や人付き合いも多く、自分だけでコントロールできないことも多いのが現実です。

そこで、責任あるミドル世代が、楽しみながら実践できる食事管理のポイントを3つだけ。この3つは是非今日からでも初めて見てください。

◆色が薄いメニューを選ぶ
◆単品で済むメニューではなく定食を選ぶ
◆加工食品が入っていないメニューを選ぶ

これだけで、毎食の摂取カロリーが減り、さらには豊富な栄養素をとれるようになり、バランスのよい食事が可能になります。

具体的には……

◆色が薄いメニューを選ぶ

⇒酢豚やエビチリよりも、空心菜の炒め物や、棒棒鶏を選ぶ
⇒トンカツや豚の生姜焼きよりも、豚しゃぶを選ぶ
⇒煮魚よりも、刺身や焼魚を選ぶ

このように、食材の色が調味料でわからなくなってしまうメニューよりも、素材の色がわかる調理方法で作られたものを選んでみましょう。

◆単品で済むメニューではなく定食を選ぶ

⇒ラーメンやチャーハンよりも、野菜炒め定食を選ぶ
⇒かつ丼よりも、トンカツ定食を選ぶ

このように、1品で完結するメニューではなく、数品目で構成された定食を選んでみましょう。

◆加工食品が入っていないメニューを選ぶ

⇒ハムやソーセージよりも、肉が入ったメニューを選ぶ
⇒パンやパスタよりもご飯(お米)を選ぶ

原材料の形がよくわからないものメニューではなく、何で作ったものなのかわかるメニューを選んでみましょう。

実現できることを計画しながら着実にできる大人だからこそ、無理をしない食事管理法で理想の体へ近づけるのです。

【② 食べるタイミング】

大人世代は、仕事もプライベートも忙しく、食事も不規則になりがちです。

ストレスで食べる量や内容をコントロールするのも一苦労。そんな声をトレーニングのお客様からも多く聞きます。

では、そんな人でも、無理なく実行できる「食べるタイミング」とはどんなものでしょうか。

それは、次のことを守るだけです。

◆夜ごはんは寝る2時間前までに
◆食べたい時に食べる

⇒寝る2時間前までに食事を済ませて、体への負担を減らす

寝ている間も、胃腸は食べてものを消化するために頑張って働きます。

寝ているときは副交感神経が優位に働くため、体を休める必要があります。体を休めることで、成長ホルモンの分泌を促して、体づくりを促進します。さらには、肌のターンオーバーも促してシワの改善もでき、見た目の若さも期待できます。

「寝る3時間前までに食事をする」「21時までに食事を済ませる」という話を聞きますが、それは到底無理な人が多いのが現状です。

せめて、2時間前までに食事を終わらせて、体を休める準備ができるといいですね。

2時間前までに食事を済ませることも難しいなら、消化によい食事がおすすめです。

◆消化に良いおすすめ食材
・おかゆ、うどん
・白身魚、はんぺん
・半熟たまご
・豆腐、豆乳
・ほうれん草、白菜、かぼちゃ
・バナナ、リンゴ

…上記の食材を使って、鍋やスープを作ってはいかがでしょうか。

【③ メニューのアイデア数】

皆さんは、ダイエットするための食事・献立と聞いて、どんなものを想像しますか?

こんにゃく、サラダ、鶏胸肉、ブロッコリー…。

何も味付けをしない、まるで餌のような食事を想像する人も多いかもしれません。

最近のSNSや動画配信サイトで、上記の減量食やダイエット食が目立ってきたのが原因です。

大人(ミドル)世代の皆さんは、仕事もプライベートも20代・30代に比べてとても忙しく、責任もある。そんな状況で、上記のような食事をしていては、メンタルの充実は図れません。

充実した食事とダイエットの両立のためには、付き合いで外食する以外できる限り自炊をし、そのメニューレパートリーも増やすのが効果的です。

その方法は簡単です。レシピのアプリを利用するだけです。

今は、ダイエットに適したレシピが、沢山出ています。テキスト検索で「ダイエット」と入れるだけで、多くのレシピを手に入れることができます。

無理なトレーニングはしない! ライフスタイルにあった筋トレで理想の体になれる

ヨガ、筋トレ

コロナ渦で、多くの人が動画や雑誌などのトレーニングを参考に、運動不足を解消していましたね。

そして多くのミドル世代は、足腰を痛めたり、無理な運動で思うように体が動かず飽きてやめてしまっていました。

動画や雑誌で発信されている内容は悪くありません。ただ内容が皆さんにあっていないだけなのです。

何年も毎日のようにトレーニングしたりストレッチしているプロが配信している、トレーニングやヨガ、ストレッチの内容を、昨日今日思い立って始めた人が、動画の通りにやることは不可能です。

配信している人は、初心者の体の状態まで配慮して配信していませんから、皆さんは自然と無理をすることになるのです。

そして、体を痛めて動けなくなり一層体型が崩れたり、飽きて運動しなくなるのです。

そこで、初心者の大人(ミドル)世代でもできる、ライフスタイルに合った筋トレのポイントを3つだけ。こちらも食事の管理と合わせてやってみてください。

① 脚と胸のトレーニングをする
② 気が乗らないときはやらない
③ 適度な強度でやる

これを守って筋トレしていけば、しっかり”理想の体に近づくことができます”。さらに、大前提として一定期間は続けるようにしてください。1カ月以上は続けてほしいですね。

【① 脚と胸のトレーニングをする】

◆大きな筋肉のトレーニングをする

これで代謝が上がりやすくなります。さらに、成長ホルモンが沢山出てくるので、ダイエットにも筋力アップにも最適です。

さらには、アンチエイジングの効果も期待できてしまします!

【② 気が乗らないときはやらない】

◆自分の体の声を聞けるようになる

どのくらいの頻度でトレーニングをしたらいいか、わからない人も多くいると思います。週に何回とか気にする必要はありません。筋肉痛がなくて、やりたい時にトレーニングをすればOKです。

逆に、筋肉痛があったりやりたくない時は、トレーニングをしないでください。これを基準にするだけでいいのです。

筋肉痛は痛いだけではなく、少し怠い…場合もありますので、注意してください。

【③ 適度な強度でやる】

◆何事もほどほどにする意識を持つ

若いころはつい100%の力で、物事に取り組んで自分のキャパシティを超えてしまった…という苦い経験をお持ちの大人世代も多いのではないでしょうか。

年齢を重ねて、何事もほどほどで広く上手にこなすことで、多くのことがスムーズに進んだ経験をお持ちの皆さんらしく、トレーニングやダイエットもほどほどに抑えることをおすすめします。

そして「ほどほど」の加減も、皆さんはお分かりではないでしょうか。

自分を甘やかしたりズルをしたりして、後で痛い目に会った経験もあるはずです。

自分を律しながらも、絶妙な加減でできるからこそ、大人の体型を維持できるのです。